上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Calendar
« | 2004-09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
new entrys
recent comments
recent trackbacks

mailto:
fitzgerald_fitzgerald@yahoo.co.jp
管理人
ナツ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | -------------- |  スポンサー広告 |  - |  - |
    美術館行ってきた。
    お仕事週間続行中。
    今日の仕事が日曜日に延期になったので
    六本木でやってたファッションと色彩展と
    小沢剛展、ブルガリ展みたりしてました。

    ヴィクター&ロルフ良かった!
    ブルガリ展示してるの少なかった気がw
    でも新作のフレグランスのミニボトルもらえました。
    竹と青りんごってかいててさわやかなのかなと思ってたら
    凄い大人っぽい香りでした。

    小沢剛はなすび画廊の草間彌生がよかったなぁ。
    いまさらクサマトリックス行ってみたくなったがもう終わってるし。
    あと岡本一太郎物も和みました。

    でもヴィクター&ロルフの凄い服でおなかいっぱいになっちゃってて残念。
    それぐらいヴィクター&ロルフの「ファッションと色彩展」良かった。

    もともとヴィクター&ロルフのコレクションが挑戦的で変態っぽくて好きなので
    物凄い楽しみにして行ったのですが
    生で見る仕立てられた服ってこんなにすごい物かと思い知らされました。
    首から胸元にかけてとか、脇の下へ流れるラインとか、
    腰から太ももにかけてのラインとか仕立てられたジャストサイズの服の
    美しさに圧倒されました。
    ヴィクター&ロルフの服はもちろん仕掛け人が本人な事もあって
    震えるほどかっこよかったわけですが
    上手く書けないさらっと流して(でもベストでした)
    会場で流れていたコレクションの映像もよかった。
    動いてこその美しさもあるしなー。
    興味ない人に取ったらアホなんだろうなあの服…
    ヴィクター&ロルフ特有のジャミラ(ウルトラ怪獣)みたいな服が素敵です。

    コレクション物の古い時代の服のシルエットの美しさを実感できて良かった。
    全身採寸しないと作れないような服だらけ。
    昔の人の優雅な暮らし振りもかいま見れました

    ジョンガリアーノの服も1着だけあったけど。ちゃんとオーラ出てた。
    ちゃんとみてみたいなこの人の服。コレクションのやつ。

    川久保令の服も他の人の服と比べて頭1つ出てました。
    何が凄いのかちーっともわからないけどとりあえず頭1つ出てた。
    日本人でこんなに凄い人がいるって言うのは素敵なことだな。
    まあ自分の好みだけど。
    それと生で渡辺淳弥の服を見たらこんなにカッコいいものなのかと
    見直しました。本で見てたときは全然興味なかったのに。
    そんな感じでなかなか充実してました。

    そういえばムックのライブ来週じゃん…今週と勘違いしてた…
    スポンサーサイト
    | 2004-09-05-01-53 |  diary |  comments: 0  |  trackback : 0  |
    category
    archives
    links


    ラブログ
    tbp01067-0.gif

    FC2Ad

    blog内を検索