上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Calendar
« | 2017-10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
new entrys
recent comments
recent trackbacks

mailto:
fitzgerald_fitzgerald@yahoo.co.jp
管理人
ナツ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | -------------- |  スポンサー広告 |  - |  - |
    下妻物語見てきました。
    今日はお日柄もよろしかったので「下妻物語」見てきました

    ここからは内容ちょいバレ。


    2004-0618-1342.jpg
      
    少々お待ちください




    全体的には
    ロリータの事まったく知らない人でもストーリーの中に上手く説明組み込んで
    流れるようなテンポで話が進んで思った以上に良い映画でした。

    一緒に行った人は嶽本野ばらもロリータも深田恭子も土屋アンナも全然興味無い状態で
    見たのですが(映画評がやたら高かったのが気になったらしい)十分楽しめたそうです。
    ロリータ割引(1000円)があったのでロリータ服が客でたくさん居たのですが
    ヘッドドレスを見てあれは頭を守ってるの?って聞かれて返答に困った。

    深田恭子、ロリータ、友情物、嶽本野ばら…の様な屈折したポップでメジャーなものと
    奇抜なカメラワーク、早すぎるカット割、単館上映系の映画によく出てる俳優陣…
    のようなマイナーでアクの強い要素がとても上手く混ざり合っててその結果
    間口がひろくて全体のバランスのいい作品に仕上がっていました。

    この絶妙なバランス感覚は監督が元TVCM監督出身で
    「札幌黒ラベル」の卓球のCM作った人って知ってちょっと納得。

    個人的には前世はマリーアントワネットだって豪語する深田恭子がロリータ役で
    パンクを熱く語りすぎてヤンキー臭くなってる川村かおりの影響受けまくってそうな
    土屋アンナがヤンキー役っていうのが面白かったです。
    (川村かおり好きで写真集所有)

    この2人特にアンナの方の演技を見るのは初めてだったけど、
    二人とも物凄く役者でした。イチゴのあったま悪そうな喋りと
    桃子の最後のほうの泥水と血に汚れた白ロリ服に金属バットを持って立つカットが良かった。
    これだけで元は十分取れた感じ。脇役も良い感じ。

    ちょっと深田恭子がロリータやるには可愛過ぎるかなと思ったけど
    肌が黄色いのに薄いピンクの服、真っ直ぐじゃない足、むっちりっていう
    日本人がロリータをやる時のアンバランスさはちゃんと残っててそこは良かったと思う。
    バランス的にはどうせならコルセットでぎゅうぎゅうにウエスト詰めて欲しかったかも。

    おやっ?て所も無くは無かったけどそれより良い所が多かったです。
    スポンサーサイト
    | 2004-06-19-01-01 |  diary |  comments: 0  |  trackback : 0  |
    コメント
    コメントする
    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://fitzgerald.blog2.fc2.com/tb.php/72-6cd42fa8

    category
    archives
    links


    ラブログ
    tbp01067-0.gif

    FC2Ad

    blog内を検索