上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Calendar
« | 2017-06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
new entrys
recent comments
recent trackbacks

mailto:
fitzgerald_fitzgerald@yahoo.co.jp
管理人
ナツ
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | -------------- |  スポンサー広告 |  - |  - |
    グーフィとプルートの越えられない壁
    最近キングダムハーツを借りたので、1日1時間づつやり始めてます。
    ディズニーにも今一疎くて(嫌いなわけじゃなくて知る機会が無い)
    ファイナルファンタジーも2しかクリアーした事が
    無いのですが(他のも結構やってるがいずれも挫折)
    お子様用に剣の変わりに鍵を振り回して戦ったりむやみに死んだりしない
    教育的配慮が行き届きまくってると聞いたので
    じゃあゲームも子供向けに簡単に作ってあるんじゃないかと勘違いしてプレイ。

    キングダムハーツは要約するとスクエアのゲームで
    スクエアキャラ(ちょっとデフォルメがアメリカンでグロめ)とディズニーの
    キャラクター(凄いかわいくて良く出来てる)が仲間になって一緒に戦う
    アクションゲームなんだけど
    とりあえずグーフィ(犬)とプルート(犬)の関係が気になって仕方ない。

    基本的にディズニーのキャラクターはネズミだろうがリスだろうがバッタだろうが
    2足歩行で喋るのが一般で、たまに4つ足のダンボとかバンビでも一応人並みの知能は
    持ち合わせているっていうのが暗黙の約束なのにプルートはそのまま知能まで犬。

    同じ犬のグーフィは相当とろい性格付けながら一応ガチョウ(ドナルド)と一緒に
    人語を話しながら2足歩行。おまけに主人公と一緒に戦ってくれます。
    それなのにプルートはそいつら(ガチョウとネズミと犬)に飼われていて
    「ヘッヘッヘッヘッ…」っていいながら主人公の顔をなめたりドッグフードを
    与えられて上手そうに食べたりしていて擬人化あふれるディズニーの世界観で考えて
    ゲームしてると犬プレイしてる人間に見えてきてグロいです。

    子供向けの毒抜きファンタジーってイっちゃってて良いですね。

    まあそんな事を考えながら今日も息抜きにアリスの国でガチョウと犬を連れて戦ってます。
    スポンサーサイト
    | 2004-07-12-22-05 |  diary |  comments: 0  |  trackback : 0  |
    コメント
    コメントする
    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://fitzgerald.blog2.fc2.com/tb.php/93-583ef9b1

    category
    archives
    links


    ラブログ
    tbp01067-0.gif

    FC2Ad

    blog内を検索